書籍一覧

「心を育てる語り」

子どもたちの「体」は自然と成長していきますが、
「心」は自然には育ちません。

怒りを制したり
努力を続けたり
恐れに挑んだり
失敗を乗り越えたり
違いを受け入れたり
誰かに寄り添ったり

こうした経験を一定量得ることで心は磨かれて
いきます。そのきっかけを生むのが「語り」です。
子供たちが思わず動き出したくなる珠玉の語りを
厳選して収めました。

子どもたちの「体」は自然と成長していきますが、
「心」は自然には育ちません。
怒りを制したり
努力を続けたり
恐れに挑んだり
失敗を乗り越えたり
違いを受け入れたり
誰かに寄り添ったり
こうした経験を一定量得ることで心は磨かれて
いきます。そのきっかけを生むのが「語り」です。
子供たちが思わず動き出したくなる珠玉の語りを
厳選して収めました。

「BBQ型学級経営」

家庭からの連絡にビクリとする学校。
学校からの連絡にビクリとする家庭。

お互いに恐れあっている両者の関係はまるで
「敵同士」のようですらあります。

本来は子供たちの成長のために手を取り合う
「仲間」であるにもかかわらず、現代の学校と
家庭との間にはすでに大きな溝が生まれています。

溝を乗り越え、重なりを作り出し、そこから数々の
喜びや繋がりが生まれる具体的なアクションを
紹介します。教師と保護者の間に温かな重なりや
繋がりを生み出したい人に特におすすめの1冊です。

家庭からの連絡にビクリとする学校。
学校からの連絡にビクリとする家庭。
お互いに恐れあっている両者の関係はまるで
「敵同士」のようですらあります。
本来は子供たちの成長のために手を取り合う
「仲間」であるにもかかわらず、現代の学校と
家庭との間にはすでに大きな溝が生まれています。
溝を乗り越え、重なりを作り出し、そこから数々の
喜びや繋がりが生まれる具体的なアクションを
紹介します。教師と保護者の間に温かな重なりや
繋がりを生み出したい人に特におすすめの1冊です。

①「学習指導の足並みバイアスを乗り越える」

②「生徒指導の足並みバイアスを乗り越える」

変化の流れが日ごとに速く激しくなっている昨今。
学校の中にもたくさんの恐れや不安が
渦巻くようになりました。

その恐れや不安から自分を守るように「周りと揃えよう」
「去年までと同じにしよう」という
学校全体の動きを強烈に縛るバイアスが生まれています。

私はこれを「足並みバイアス」と名付けました。

「隣の教室と同じでなければ不安」
「何かクレームが来るかもしれないから」
「近隣の学校ともやり方をそろえよう」

そんな足並みバイアスの乗り越え方を収録しました。
学校全体が伸びやかに教育活動を展開していくための
実践例がてんこ盛りのシリーズです。

変化の流れが日ごとに速く激しくなっている昨今。
学校の中にもたくさんの恐れや不安が
渦巻くようになりました。
その恐れや不安から自分を守るように「周りと揃えよう」
「去年までと同じにしよう」という
学校全体の動きを強烈に縛るバイアスが生まれています。
私はこれを「足並みバイアス」と名付けました。
「隣の教室と同じでなければ不安」
「何かクレームが来るかもしれないから」
「近隣の学校ともやり方をそろえよう」
そんな足並みバイアスの乗り越え方を収録しました。
学校全体が伸びやかに教育活動を展開していくための
実践例がてんこ盛りのシリーズです。

「教師の対話力」

「全ての悩みは対人関係の悩みである」と
いいます。
では、その対人関係の悩みが
どうやって生まれるのか。

それはひとえに「言葉の使い方」にあります。

学校には、「正しい言葉」や
「美しい言葉」があふれています。

しかし、それらの言葉の多くは
子供たちに届いていません。

届かないばかりか、反発や無力感を生み出す
温床にすらなっています。

美しい言葉・正しい言葉ではなく、届く言葉・
響く言葉はどうやって紡ぐのか。

そのメカニズムを知りたい方にお勧めの1冊です。

「全ての悩みは対人関係の悩みである」と
いいます。
では、その対人関係の悩みが
どうやって生まれるのか。
それはひとえに「言葉の使い方」にあります。
学校には、「正しい言葉」や
「美しい言葉」があふれています。
しかし、それらの言葉の多くは
子供たちに届いていません。
届かないばかりか、反発や無力感を生み出す
温床にすらなっています。
美しい言葉・正しい言葉ではなく、届く言葉・
響く言葉はどうやって紡ぐのか。
そのメカニズムを知りたい方にお勧めの1冊です。

「汗かけ恥かけ文をかけ」

教師になりたての頃に憧れの先輩から
教えてもらった言葉。

それが本書のタイトルになりました。

若手の先生や気鋭の編集者からのインタビューが
そのまま本になった1冊です。

「初任時代のハプニングは?」

「どうやって授業力を磨いてきたんですか?」

「現代における教師の大切な役割とは
何だと思いますか?」

いくつもの問いに答え続ける中で教師の力量は
どのようにして磨いていくのかを詳細に語った、
著者初のエッセイ本です。どのように教師としての
腕を磨いていくのかを知りたい方は
ぜひご一読ください。

教師になりたての頃に憧れの先輩から
教えてもらった言葉。
それが本書のタイトルになりました。
若手の先生や気鋭の編集者からのインタビューが
そのまま本になった1冊です。
「初任時代のハプニングは?」
「どうやって授業力を磨いてきたんですか?」
「現代における教師の大切な役割とは
何だと思いますか?」
いくつもの問いに答え続ける中で教師の力量は
どのようにして磨いていくのかを詳細に語った、
著者初のエッセイ本です。どのように教師としての
腕を磨いていくのかを知りたい方は
ぜひご一読ください。

「授業を研ぐ」

2023年2月に大阪で行った飛び込み授業。
(飛び込み授業とは、自分の勤務校とは違う学校に
赴き、その日初めて出会った子供たちに
行う授業のことです。)

およそ100名の参観者の前で行った授業が
そのまま書籍化されました。

たった一度きりの授業のために、どのように
準備を行い、どのように子供たちと関係を
作り、どのように45分の授業を実施するのか。
その舞台裏について初めて本の中で語りました。

授業力を高めたいと思っている方は必見の1冊です。

なお、本書を購入した方は特典として、
その大阪での授業を映像で見ることができます。
初対面の子どもたちに、100名の参観者の前で
どのような授業を行ったのか。

興味のある方はぜひご覧ください。

2023年2月に大阪で行った飛び込み授業。
(飛び込み授業とは、自分の勤務校とは違う学校に
赴き、その日初めて出会った子供たちに
行う授業のことです。)
およそ100名の参観者の前で行った授業が
そのまま書籍化されました。
たった一度きりの授業のために、どのように
準備を行い、どのように子供たちと関係を
作り、どのように45分の授業を実施するのか。
その舞台裏について初めて本の中で語りました。
授業力を高めたいと思っている方は必見の1冊です。
なお、本書を購入した方は特典として、
その大阪での授業を映像で見ることができます。
初対面の子どもたちに、100名の参観者の前で
どのような授業を行ったのか。
興味のある方はぜひご覧ください。

上部へスクロール